オムツ入れの作り方

      2015/02/08  コメント : 10 

オムツ入れ

今回はオムツ入れの作り方を紹介したいと思います。

巾着サイズは、パンツタイプのLサイズオムツが4~5枚ほど入る大きさです。

オムツを2~3枚入れて、お尻拭きを入れてもちょうどいいサイズですよ(*´∀`*)

では早速作り方いきまーす♫

オムツ入れの作り方

材料

(底布切り替えタイプ)
底布:横23cm×縦20cm 1枚
側布:横23cm×縦26cm 2枚

縫いつなげると
繋げた図

横23cm×縦67cmになります。

底布を真ん中にして中表で縫い合わせて、底布側に縫い代を倒してミシンステッチをかけておきます。

底をにしますので縦が67cmと長くなりますが、もし布の長さが足りない場合は、23cm×35cmの布2枚を底1.5cmで縫ってください。

切り替えタイプにしない場合は横23cm×縦67cmで準備してください。

裏地は表地より2.5cm短めで、横23cm×縦62cmで準備します。

巾着サイズ

1.表布の脇を縫う

脇を縫う

上から6cm開けて、両脇を縫い代1cmで縫います。

※柄生地を使う時は、柄が揃うように気を付けて縫ってみてください。キレイに揃っていたほうが仕上がりがキレイです。

柄合わせ

2.マチを作る

マチ

裏地は縫い止めず、上まで縫っておきます。裏地、表地同じように5cmのマチを作ります。

(→マチの作り方

3.表布と裏布のマチ部分を合わせる

マチを重ねる

表布と裏布を底同士で合わせてマチ2枚重ねて縫っておきます。

縫った後は、角を落として大丈夫です。

4.ひっくり返す

ひっくり返す

マチを縫って底を固定したら、表布が外側にくるようにひっくり返します。

5.縫い代を重ねる

縫い代を重ねる

ひっくり返したら、裏布は上から2cm裏側に折り返し、表布は裏側に3cm折り返します。

縫い代が内側に隠れるように、合わせて

縫い代で合わせて縫う

裏地側の布の際を0.1cmでミシンステッチかけて縫い止めます。

際にミシンステッチ

6.紐を通す

紐通し

紐を袋口よりも数cm長く2本準備します。

(→ゴム紐通しのコツとやり方

紐を通して完成です!!

オムツ入れ完成

裏地を付けずに作る場合は、紐通し口を折り返す時に、縫い代を内側に折り込んでから縫ってください。

また裏地を付けない場合は、ロックミシンまたはジグザグミシンをかけて縫い代に始末をしてくださいね!!

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - 作り方