ワイヤー入りタックマスクの作り方

      2017/02/20  コメント : 26 

2014マスク

今回はワイヤーの入ったタック入りマスクの作り方を紹介したいと思います。

前回子どもサイズで作り方を紹介してますので、今回は大人用サイズで作っていきますね!

しかも今回は鼻の頭にワイヤーを入れて、より顔にフィットするように仕上げていきますので、風邪予防にも花粉対策にもバッチリです!

ワイヤー入りタックマスクの作り方(大人サイズ)

【材料】
材料
表布・・・16cm×20cm
裏布(ガーゼ生地)・・・16cm×30cm
マスクゴム 28cm 2本
※大人用サイズの寸法です。

タック入りマスクの詳しい型紙はコチラ↓
タック入りマスクの型紙(大人・子ども用))

1.裏布(ガーゼ)を二つ折りする

二つ折りにする

裏布(ガーゼ)を外表で二つ折りにします。

2.表布と裏布を縫い合わせる

表布と裏布を合わせる

表布(表)の上に二つ折りにしたガーゼを中表で重ねて上下を1cmの縫い代で縫います。

3.ひっくり返す

ひっくり返す

ガーゼを表布の裏側にもっていくように横の脇からひっくり返し、アイロンで形を整えます。

※2で上下だけを縫ってるので、両端から靴下をひっくり返すようにして表に返します。

4.マスク上部にステッチをいれる

ステッチ

マスク上部に0.8cmのステッチをいれます。ここにワイヤーを通すことで鼻の頭のワイヤーが自由自在に動いて顔にフィットしますよ~!

5.ステッチ部分にワイヤーを通す

ワイヤーを通す

ステッチを入れた部分にワイヤーを通します。

ワイヤーは使い捨てマスクのワイヤーを抜き取って使います。
ワイヤー

新品を使うのはもったいないので、使用済みの物を再利用します!家族が使ったマスクの使用済みならそんなに嫌じゃないですよね(笑)
マスクの上部をハサミで切って、ワイヤーを抜き取ったあとにアルコールで拭き取って清潔な状態にして使用してくださいね。

ワイヤー入り

6.両サイドにタックをたたむ

タックを畳む

タックの寸法は目安なんですが、表側に2cmのタックが出来るように、ひだを調整してください。

コツとして、一段目を表側2cm裏の返し0.5cmでタックを作ったら際を縫い、2段目3段目はまち針で止めて全体のバランスを見てください。

その後にミシンステッチをかけるとキレイに仕上がります。両サイドのタックはアイロンで押さえてから、端から4cmほど縫っていきます。

※タックは下向きに倒します。これはホコリが入らないようにするためです。

7.両サイドを三つ折りにする

三つ折り

両サイドを1cm裏側に折り、更に1cm折ります。アイロンで型をつけたら際にステッチをかけます。ここがゴムを通すところになります。

8.マスクのゴムを通す

ゴム通し

ゴム通し棒を使って28cmのゴムを1本づつ両サイドに通し結びます。結び目は中に引き入れて隠します。

※ゴムのサイズはお好みで調整してくださいね。

私のお勧めのゴム(→金天馬 抗菌カラーマスクゴム

9.完成!

2014マスク

ワイヤーを曲げた写真

鼻に入れたワイヤーはこんな風に曲がりますので、顔にフィットしますよ!

子どもサイズ(タック入りマスクの作り方(子どもサイズ))にもワイヤーを入れるとずれにくくなって花粉対策にもいいですよ(^_^)!!

これからに季節、マスクは必需品なので何枚か洗い替えで作ってみてくださいね。枚数作る毎に上達しますよ~(^_^)!!

もしも作りたいけど時間がない!家に裁縫道具がない!他の人とはちょっと違うものが欲しい!でも自分で作るのはちょっと難しそう・・・という方がいましたらこちらを利用して頂けると嬉しいです(^_^)

【入学準備】給食袋の3点セット作りました!

どうぞよろしくお願い致します♡

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - 作り方