ティッシュカバーケースの作り方

     コメント : 2 

ティッシュカバーケース

今回はティッシュカバーケースの作り方を紹介します。

よく街中で宣伝広告ティッシュが配られてますが、表も裏も宣伝で可愛げがないですよね?

まぁティッシュが頂けるのは有難いのでついつい手を出して貰っちゃうんですけどね(笑)

そんなティッシュに可愛いカバーをつけて持ち物も気分もテンション上げて女子力アップを目指しましょ~♫

ティッシュカバーケースの作り方

ティッシュカバーケースの材料
【材料】
リバーシブルの布地(横15cm×縦23cm)※縫い代込み
お好みで飾りのレース(15cm×2本)
お好みでタグやワッペン

1.ティッシュカバーの袋口を作る

ティッシュカバーの袋口を作る

縫い代を2cmづつ付けてるので、1cm折り曲げてアイロンをかけ、さらにもう1cm曲げて出来上がり線でしっかりアイロンをかけてください。

2.袋口に装飾する(しない方は3へ)

袋口に装飾する

レースを挟んだり、タグをつけたりして自分好みに可愛くアレンジしてください。

3.両端にロックミシンまたはジグザグミシンをかける

両端にロックミシンをかける
レースなどの装飾をしたら、両端にロックミシンまたはジグザグミシンをかけて、布端がほつれないように始末しておきます。

4.両端を縫う

両端を縫う

布を二つ折りにして、開くと中心線が分かります。布が中表になるように中心線に袋口を折りたたんでいき、両端を1cmで縫い合わせます。

ここでワンポイント!!

中心をキレイに縫う方法

中心をキレイに縫う方法

まち針で止めていても縫っていくとだんだんズレてきて中心が曲がってしまいます。なので最初に中心だけを数cm縫って固定しちゃいます!その後に上から縫っていくとズレることはないですし、中心を2度縫うことになり強度も増します!

5.ひっくり返して袋口の端を縫い止めたら完成!

ティッシュカバーケース

ひっくり返したら、刺繍糸で袋口の端を縫い止めます。ここを縫い止めることで、袋口が開きすぎずティッシュが出過ぎるのを防ぎます。刺繍糸の色は布とのバランスをみて、差し色になる方が可愛いと思います。

簡単にできちゃう可愛いティッシュカバーケース!!

いくつか作っておくと持ち歩くカバンごとに常備できるのでオシャレで女子力アップですよ♫

リバーシブル生地を使わない方法は、また別記事でアップしていきますね!

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - 作り方