フラップ付きポーチの作り方

     コメント : 4 

フラップ付きポーチの作り方

今回はフラップ付きポーチの作り方を紹介します。

ボタン止めのフラップが付いた可愛いポーチです。通帳がぴったり入るサイズなので通帳ケースとしても使えて便利ですよ♫

フラップ付きポーチの作り方

【材料】
材料
表布 横18cm×縦33cm
裏布 横18cm×縦33cm
レース 18cm
平紐またはテープ 10cm
ボタン 20mm 1個
※布のフタのカーブは表布と裏布を2枚重ねて半分に曲げ、ハサミでカットすると左右対称になりますよ!
裁断の仕方

1.表布にレースと紐ループを縫いつける。

表布にレースと紐ループを縫いつける

表布をフタの部分が下になるように置き、上から11cmのところにレースを縫いつけます。このときレースの上下に注意してください。

つぎにフタの中心の縫い代部分に紐ループを縫いつけて固定しておきます。

※この段階でタグやワンポイントワッペンなど、いろいろお好みの装飾を施してください。

2.返し口を開けて入れ口を縫う

返し口を開けて入れ口を縫う

表布と裏布を中表に合わせて、返し口を開けて、入れ口を縫ってください。

3.おもてに返してフタを折り返す。

フタを折り返す

おもてに返して、表布と裏布両方のフタを底まで折り返して、まち針で止めます。

4.脇線からフタを縫う。

脇線からフタを縫う
脇線からフタを縫い代1cmで縫っていきます。

5.フタのカーブの曲線にアイロンをかける。

フタのカーブの曲線にアイロンをかける
フタのカーブに粗ミシンをかけて、ギャザーをよせ、カーブの曲線がキレイになるようアイロンで型をつけておいてください。

6・返し口からおもてに返す。

返し口からおもてに返す

返し口からおもてに返し、形を整えます。

7.フタと入れ口にステッチをかける。

フタと入れ口にステッチをかける

返し口が空いているので、ミシンで入れ口からフタにかけて0.1cmでステッチをかけてください。ここはステッチではなく返し口だけを手縫いでまつってもいいです。

8・ボタンをつけて完成!

ボタンをつけて完成

ボタンを縫いつけたら完成です。

布の素材や色、柄やデザインなどで雰囲気もガラッと変わると思います。

レースやワンポイントとなるタグやワッペンなどいろいろ装飾して自分好みにアレンジして、いろんなタイプのポーチを作ってみてくださいね!

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - 作り方