ワンタッチプラスナップ(打ち具不要!)

     コメント : 4 

ワンタッチプラスナップ

今回はワンタッチプラスナップという、プラスチック製のスナップボタンについて紹介させていただきますね♡

今までスナップボタンと言えば、金物のものばかりを使ってきたのですが、赤ちゃん用にはやっぱりプラスチック製の方がいいよなぁ〜なんて思いまして。。。

プラスチック製のスナップボタンと言えば、よく赤ちゃんのロンパースのお股部分や、肩の部分、洋服の前ボタンなど様々な部分で使われています。

プラスチック製のスナップボタンは、専用の打ち具が必要で、スナップボタンと別に打ち具や専用器具も揃えなきゃ作業が出来ず、しかもその打ち具が意外とお値段が高い(T_T)という難点がありまして、今まで手が出せずにいたのですが

読者の方から、最近では打ち具不要の物もあるんですよ!と教えて頂き、それならば(・∀・)♡と探して参りました!!

そして見つけましたよ♡

打ち具不要のプラスチックタイプのスナップボタン!!
ワンタッチプラスナップ

パチッと手ではめ込むだけ!!という手軽さ♪

打ち具や専用器具を使わずに、手だけで取り付け出来るスナップです。
軽くてさびない、金属アレルギーの方にもやさしいプラスチック製

ボタンのサイズもいろいろありますよ(^_-)-☆

私が購入したこの普通地〜厚地用13mm6組入は、取り付けに最適な生地の厚みとして圧縮して約0.8〜1.6mmとあります。

キャンバス、帆布、キルトなど厚みのある生地も大丈夫とのことなので、この普通地〜厚地用を購入すれば幅広く使えそうですね!

中身を開封してみると

中身

このように小分けされております。

取り付ける際は、ヘッド2個に対して、バネ1個、ゲンコ1個を組み合わせて使っていきます。

パーツ

それぞれのパーツがバラバラになってしまわないように、そしてパーツを紛失してしまわないように気を付けて保管してくださいね!

このワンタッチプラスナップのやり方は商品と一緒に入っている紙に説明書きがあるので、誰でも簡単に取り付けることが出来ます。

説明書き

実際に使用した状態を見てみたい!!って方のために、こちらでも写真を使って簡単に説明させていただきますね。

ワンタッチスナップボタンの取付け方法

授乳シュシュ

1.生地に穴をあける

穴を開ける

スナップボタンを付けたい位置に目打ちなどを使って穴をあけます。

目打ちをお持ちでない方は、キリなどでも大丈夫です!!ただくれぐれも針先には注意して使用してくださいね!

2.あけた穴にヘッドの先端を差し込む

穴

目打ちなどを使って開けた穴にヘッドの先端を差し込みます。

※生地にヘッドを差し込んだ際、ヘッドの先端が生地を圧縮して約2〜3mmの範囲で出ているくらいが最適とのことです!!

3.バネ・ゲンコをセットする

バネ

ヘッドの先端に、バネまたはゲンコをセットして、指で挟んでパチッと音がするまでしっかりとはめ込みます。

上記の写真↑はヘッドとバネの組み合わせです。

バネとゲンコを両端に付けて完成ですヽ(^o^)丿

シュシュ

授乳シュシュの作り方

【取付けのポイント】
・はめ込む際は、真っ直ぐ上から力を加えてください。
・ペンチなどを使用してはめ込む場合は、キズがつかないようにあて布をしてください。

最後に一度取り付けると、取り外しは困難とのことですので(^_^;)付ける場所と付けるパーツを間違えないように気をつけて作業してくださいね!!

関連記事として手芸小物の整理方法も紹介させて頂いていますので、見て頂けると嬉しいです(^o^)

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - 道具