30cmものさし入れ

     コメント : 1 

ものさし入れ

小学校の学習で使用する竹の30cmものさし。

数年前、長女が2年生だった頃、学校販売で購入しました。

ずっと使うものだと思っていたのに、2年生と3年生前半?(曖昧な記憶)の算数の学習でしか使わず、、、

その後は家に放置されていたのですが(^_^;)

ちょうど2歳違いの次女が2年生になった時にまた30cmものさしの出番が!!

次女は新たに購入せず長女のお下がりを使ってくれました(*´∀`*)

その時に、お下がりだからせめて可愛い袋に入れてあげよう♡と張り切って作ったものさし入れ

ものさし

ピッタリサイズ

30cmものさし入れ

毎日ランドセルに入れたり、ランドセルの横のベルト部分に挟んだりと、大切に使ってくれました(u_u*)

その次女も今では5年生になり、またまた30cmものさしは我が家で眠っていたのですが、、、

息子が2年生になり、またまた30cmものさしの出番がやってまいりましたー!!

というわけで、今回は息子用に男の子バージョンで作ってみました〜☆

ものさし入れ2

実はこれ、最初はデニム生地で作っていたのですがゴワゴワでひっくり返せず(-_-)断念。

オックス生地で作り直したんです(^_^;)

以前紹介した記事のなかに

・布全面に接着芯を貼ると生地が固くなってしまいひっくり返す時に困難になるため、スナップボタンを付ける部分のみに接着芯を貼る。

・ビニールコーティング生地だとひっくり返せないので普通生地で。

・ものさしの幅ギリギリで作るとひっくり返せない。

と自ら注意書きをしてるにも関わらず(-_-)大失敗です(笑)

ビニールコーティング生地はNGと書いてますが、デニム生地もアウトでした〜(T_T)

オススメ生地は、ブロード生地ですね。

この手の細みのタイプは、裏返す時にかなり苦戦しますので、生地は薄いほうがひっくり返しやすいんです。

裏地付きですので、破れる心配もありません。

※雑に扱った場合は破けますのでご注意を!!

ただ、今回は男の子柄のブロード生地が手元になく、結局オックス生地で再挑戦。

ひっくり返すのに多少手こずりましたが、無事完成☆

完成

息子もとっても気に入ってくれました(*´∀`*)

またこれから2年間、息子が大切に使ってくれると嬉しいです。

作り方はコチラを参考にされてください(^_^)
30cmの竹のものさし入れの作り方

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - アイテム