マスクに適した生地は?

      2018/12/05  コメント : 0 

マスク01

風邪対策に備えて、今年もマスクを新調しました。

今年は秋を感じることなくあっという間に冬になったような気がしますね。。。

12月〜2月にかけてインフルエンザが流行りだすこの季節、自分の体調はもとより、子どもたちもしっかり守っていかなきゃですね!!

手作りマスクは洗って何度も使える上、市販の紙マスクのような独特な匂いもしませんし、我が子にとって冬の必須アイテムです。

そんなマスクもやはりワンシーズン使うと結構クタクタヨレヨレに。

新しいマスクで元気に楽しく学校に通ってもらいたいものです(^_^)♡

私がいつもマスクを作るときに使用する生地は、ブロード生地かシーチング生地を使います。

表生地

可愛い生地を見つけると真っ先にマスクを作りたくなります♡

このガーランド柄の生地を見つけたときは
「カワ(・∀・)イイ!!」
と思わずテンション上がりました♪

ガーランド柄

パープルと相性のいいピンクのストライプ柄のガーゼ生地と合わせて♡想像通り可愛く仕上がりました。

よくコメントで、「表も裏も両面ダブルガーゼ生地でも作れますか?」

という質問を頂きますが、もちろん両面ダブルガーゼ生地でも作れます。

そもそも市販で販売されてる昔から馴染みのある給食用の白マスクは、ガーゼ生地のみで作られています。なので本来のマスクのあり方としてはガーゼ生地のみで作るのが一番マスクとして自然な形なんだと思います。

ただあの白マスク、洗濯のたびに縮みどんどん小さくなっていくんですよね(^_^;)ガーゼ生地は普通の布に比べて織りが緩いため、洗濯のたびに目がつまり、結果として当初の大きさより縮む・・・ということなんですね。

しかも、目が詰まると生地自体も固くなるので、マスクも丸まった感じでごわつくんですよねぇ。。。(T_T)

「直接口に触れる部分は柔らかいガーゼ生地にしたい!!」そんな思いから、私は表側に薄手の生地、口元側にはガーゼ生地を使用してマスクを作ってます(*^_^*)

ガーゼ生地

表の生地と内側のガーゼ生地の組み合わせ次第でいろいろ楽しめるのも手作りの魅力ですね(^_-)-☆

ginghamtic`s.STOREで少しずつではありますが、作品を販売させて頂いておりますので、shopの方も覗きにきていただけると嬉しいです(*^_^*)

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - アイテム