ゴム付き三角巾の作り方(リバーシブルタイプ)ゴム紐編

      2017/03/29  コメント : 2 

三角巾

以前、子ども用の「ゴム付き三角巾の作り方(幼児~低学年サイズ)」を紹介させて頂いたのですが、今回は自分用に大人サイズで作ってみたので紹介させてください(*^_^*)

そしてなんと!!今回はリバーシブルタイプで作ってみました☆

リバーシブルだと、その日のエプロンに合わせて使い分けができるからいいですよね♡

私が持っているエプロンは、オレンジ色のボーダー柄で胸元にイカリマークが刺繍されていますので。。。

今回は息子に作った時の余り布と、エプロンの色味に似せたオレンジベースの生地をチョイス!

リバーシブルタイプは一見難しそうに見えますが、もしかしたら普通のタイプより簡単かもしれません。

普通のタイプと比べるとリバーシブルな分、生地は倍かかりますが、でも布端が内側に入り込んでしまうので仕上がりはとてもキレイです(*^_^*)

では早速作り方紹介していきますね♡

ゴム付き三角巾の作り方(リバーシブルタイプ)大人用

今回は大人サイズで作ったので、寸法は大人用です。
寸法

約61cm×30cm×42cmの二等辺三角形の布を2種類準備します。

※後ろに長く垂れ下がるタイプがお好みの方は、高さ30cmを35cm〜40cmに伸ばして作ってみてください。

端カット

その布を半分に折って、角を5cmほど落とします。(切ります)

カット

もう一枚の布も同様に端をカットしておきます。

もう一枚の布

両端の布をカットしたら、約51cmくらいになります。

カット後の幅

中表で重ねて、一旦保留。。。

保留

1.ゴム紐を作る

三角巾の布と別に後ろのゴムを通す生地も別布として準備しておきます。

訂正寸法

幅約4.5cm、長さ約20cmほど準備しましたが、結果的に20cmだと長くなりすぎたので、ここは15cmほどでよさそうです。

三角巾がリバーシブル仕立てなので、このゴム紐の部分もリバーシブルで仕上げていきます。

平ゴム長さ

中に通す平ゴムは、用意した布よりも短めに!短くしないとギャザーが寄りません(^_^;)

中表で縫う

ゴム紐を包むための布を2枚中表で重ねて、片方の端を縫い代1cmで縫い閉じます。

次に縫い代を割って開いたら、反対側の布端も1cmずつ指アイロンで内側に折り込みます。

ゴム仮止め

端を折り込んだら、写真を参考に片側にゴムを縫い付けます。

仮止めしたゴムを一旦外側に出して、

生地を重ねあわせて2枚をミシンステッチで縫い閉じます。

端ミシン

縫い閉じたら、一旦外側に出していたゴムに安全ピンを付けて、ゴムを通します。

ゴム通し

リバーシブルゴム紐の完成です♡

ゴムひも

長くなりましたので、一旦コチラできりますね。

続きはコチラ
ゴム付き三角巾の作り方(リバーシブルタイプ)土台編

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - 作り方