幼稚園・保育園の制服のサイズ直し(ブラウス編)

      2014/04/03  コメント : 11 

ブラウスお直し方法

制服のジャケットのお直しスカートのお直しに引き続き、ブラウスのお直し方法を紹介したいと思います。

ブラウスも120cmを購入していたので、袖が長すぎでした(笑)

なので、ブラウスの袖を短くする方法を紹介していきたいと思います。

コチラが制服のブラウス。可愛いですよね。

制服のブラウスお直し前

娘の通う幼稚園のブラウスは丸襟の無地のシンプルなブラウスなんですが、このブラウスは襟がジャケットやスカートの柄と同じで、セーラーカラーになっていて、ジャケットから襟を出して着るタイプの制服でした。

3点お揃いでとっても可愛い(*´∀`*)

柄がチェック柄で可愛いんですが、写真ではよく見えませんね(^_^;)すいません

では早速お直し方法いってみまーす!!

ブラウスの袖を短くする方法

袖口内側に入れる

ブラウスの袖口を肩から15cmほど残して、内側に折り込みます。

袖を出す

写真のように15cmくらいのところで折り曲げて、4cm残して袖を出していきます。

4cm残して袖を出す

4cm曲げると袖を8cm短くしたことになります。

袖を曲げてアイロンを掛けたら、しつけ糸で仮縫いをします。

しつけ糸

折り曲げた外側をまつっていきます。

縫い位置

ここをまつっていきます↑(ブラウスの外側)

縫い方はコチラ(→たてまつり縫い

たてまつり縫い

縫う時は、脇の下から縫い始めて、一周グルリと縫って脇下で縫い留めます。

裏側

ブラウスの裏側(内側)はこんな感じです。

内側までまつってしまうのは大変なので、私は裏側は縫いませんでしたが、中の折り返した部分がヒラヒラして嫌だわって方は内側もまつってください。

その時は、たてまつり縫いではなく、表布を少しだけ拾って縫うまつり縫いのやり方で縫ってください。

※たてまつり縫いだと表面に縫い目がもろ出て失敗します!!

片袖完成

片方の袖が上がりました(*´∀`*)

肩線を揃える

次に左右対称になるように、左右の肩線と脇の線を揃えて、反対側の袖も上げていきます。

4点揃える

4点を揃えて左右対称になるように反対側の袖も上げて完成です。

ブラウスお直し後

いい感じ~(*´∀`*)♫

このやり方はスモックでも応用できますので、大きめを買ってしまった方は袖を上げてみてはいかがですか?

以上、幼稚園・保育園の制服のお直し方法でしたー。

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - テクニック, リメイク