エルゴカバー出来ました!!

      2016/10/28  コメント : 4 

ergo

前回の記事から日が経ってしまいましたが・・・

やっとergobabyを収納する袋”エルゴカバー”が完成しました☆

あーでもない、こーでもないとこだわりすぎてしまいましたが(^_^;)

でも自信持ってご紹介できる作品に仕上がりましたヽ(^o^)丿

エルゴカバー

直線縫いのシンプルなデザインなので、装飾で可愛らしさをプラス!!

パパさんが使うには可愛すぎちゃいましたが、エルゴは基本ほどんど奥様が使うことになると思いますので、生まれた赤ちゃんが♡女の子♡ということもあり今回は可愛らしく仕上げてみました。

ところで、エルゴベビーという抱っこひもをご存知ですか?

エルゴベビー商品

エルゴベビーは写真のように、赤ちゃんを抱っこやおんぶ出来るものなのですが、このエルゴベビーは肩紐が分厚くクッション性があり、

肩紐

また腰に固定する腰紐部分も幅広いので安定感があります。

腰紐

つまりとっても疲れにくい抱っこひもなんですよ(・∀・)♡

数年前から爆発的人気でして、私も息子の育児では大変お世話になりました♡

ただ使ってる時はいいのですが、使ってないときがかさばるんですよね・・・

そんなワケで巷で人気?の収納カバーとやらを作ってみましたヽ(^o^)丿

今回エルゴカバーを作るにあたって選んだ生地はコチラ↓

生地

可愛い生地に出逢いました!

カットクロス

110cm幅の50cmカットクロスとして完売されておりましたので、縦はそのまま(52cmありました♡)横幅は50cmで使用。

縦の長さは50cm以上あれば大丈夫です(^_^)!!

約52cm×50cmの表布と裏布を準備。布以外にスナップボタンがあれば簡単に作れます!!

あとは装飾に使うレースやリボン、タグなどお好みで。

また今回の装飾ですが、デザインにはそれぞれ好みがありますので、

☆装飾無しで生地の柄を重視するも良し。

☆無地の生地でシンプルに仕上げるも良し。

☆コテコテに可愛らしく、もしくはかっこよく装飾するも良し。

ご自分の好みに合わせていろいろアレンジしてみてください。

今回は、購入した生地にデザイナーさんのタグが付いていましたので、せっかくなので使ってみることに♡

まずタグのみを置いた場合。。。

タグのみ

シンプルでこれはこれで素敵ですね♡

次はポンポンリボンをプラス。

ポンポンリボン

ポンポンリボンやレースを足すことで可愛らしさがグンと増します♡

でもそれだけじゃ物足りず(笑)裏地に使った生地をタグの下に敷き込んでみました。

タグ下

こうやっていろいろ試しながら完成作品のイメージを膨らませていきます。

最初はタグの下にハガワ(革の切れ端)を敷き込んだらオシャレかも!!なんて思ったのですが、洗濯することを考え革は断念。。。

なので裏地の生地で対応してみたら思いのほか可愛くて(*´艸`*)作る前からテンションアゲアゲでした(笑)

ちなみに裏地は2色切り替えでこんな感じ。

裏側

裏側なのでたいして見えない場所なんですが、そんなところまでこだわって作る手作り品は愛着が湧きます(*´艸`*)

デザイン

表地に選んだ生地が白地にブラウンの2色だったので、差し色で山吹色をプラスすることで全体的にパッと明るくなった印象です。

完全に私好みで作ったので、兄の奥さんが気に入ってくれるか若干不安ではありますが(^_^;)誰ともかぶらないオリジナルのエルゴカバーを喜んでくれると嬉しいです。

エルゴカバー

作り方はコチラ
エルゴカバーの作り方(赤ちゃん 抱っこひも 収納袋)

気になる方は参考にして頂けると嬉しいです♡

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - アイテム