バイアステープ(両折タイプ)の使い方

     コメント : 2 

今回はバイアステープの両折タイプの使い方を紹介したいと思います。

前回の記事で紹介させて頂いたのですが、バイアステープには”縁取りタイプ”と”両折タイプ”があります。

2つとも同じ”バイアステープ”として販売されているのですが、実は幅が違うんですよね。

詳しくはバイアステープの種類を読んでください♡

バイアステープ

今回は”両折タイプ”の使い方について書かせていただきますね(^_^)♡

バイアステープ(両折タイプ)の使い方

試し縫い

バイアステープ両折タイプは布の端を始末するのにとても便利です!!

区別

裏表が分かりやすいように、裏面に接着芯を貼ってみました。

縫い代

バイアステープの折り返してある部分を開いて、生地の表側の布端にバイアステープが中表になるように合わせてミシンで縫います。

※この縫った位置が出来上がり線になります。

裏に倒して縫う

布端に縫ったら生地を裏側に返して、縫い線から裏面にバイアステープを返して、もう片側の折り返しは折ったまま生地にそわせて際にミシンステッチをかけます。

↓こんな感じになります(^o^)丿

裏に倒す

この両折タイプのバイアステープで布端を始末する方法は、裏地を付けない場合の袋口の始末として使ったり、またはポケットテッシュケースの取り出し口の強化に使ったり、夏用のワンピースなどの襟ぐりやノースリーブの袖の始末などにこの方法を使ったりします。

またこの方法を”バイアス始末”と言い、過去記事でも一度紹介していますので、良かったらそちらも合わせて読んで頂けると嬉しいです。

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - テクニック, 道具