丸ポケットのカーブの縫い方

      2013/05/25  コメント : 4 

ポケットの縫いつけ方

今回は、ポケットの縫い方のコツを紹介したいと思います。

※ポケットのカーブ部分だけの作り方説明になります。
ポケットの大きさは作るものとのバランスをみて、型紙を作って下さい。

ポケットのカーブの縫い方

1.ポケットの型紙に合わせて布を裁断する。

ポケットの型紙

ポケットの型紙を厚紙で作ります。ポケット口には5cmの縫い代を、それ以外には1cmの縫い代を付けて布を裁断します。

※型紙を布に挟んでアイロンを当てるので厚紙を使ってください。

2・ポケットのカーブに粗ミシンをかける。

ポケットのカーブに粗ミシンをかける

ポケット口を出来上がり線で折り曲げ、更に半分に曲げて2.5cmで折り2本ステッチをかけます。ポケット口ができたら、ポケットのカーブ部分の0.7~0.8cmのところに0.5cm幅の粗ミシンをかけます。

3.ギャザーをよせる。

ギャザーをよせる

粗ミシンの上糸を引っ張って、カーブにギャザーを寄せます。

4.カーブ部分にアイロンをかける。

カーブ部分にアイロンをかける

型紙をカーブ部分に重ねて上糸を引っ張り、カーブが型紙に沿ってキレイに丸くなったら上からアイロンで押さえて形を整えます。

5.ポケットを縫い付ける

ポケットを縫い付ける

ポケットを付けたい位置にまち針で固定して、縫い付ければ完成です。

ポケット口は、二重に縫うか三角に縫って強度を強めて下さい。手を出し入れする際に負荷がかかってポケット口が裂けてしまいます。
ポケット口の縫い方

スポンサードリンク

この記事が良かったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします!

 - テクニック